睡眠薬には種類がある | 睡眠薬は正しく使えばつらく苦しい不眠症も治してくれる

睡眠薬には種類がある

「睡眠薬には種類がある」のフォトグラフです。

一口に薬といっても様々な種類があるように、睡眠薬にも様々な種類が存在しています。
適切な睡眠を得ることができない不眠症、つまり睡眠障害にもそれぞれ種類があるので、適切な睡眠薬を選ばなければ適切な効果を得ることはできません。
睡眠薬と書いてあるからといって適当に選ぶのではなく、自分はどんな睡眠障害に悩んでいるのかをしっかり考えて、適切な睡眠薬を選びましょう。

睡眠薬の種類は効果を発揮してくれる時間、作用時間によって4つに分けられています。
服用してから30分以内に効果が現れ、ピークが1時間後に訪れるタイプの睡眠薬は超短時間型という種類になります。
超短時間型の睡眠薬は3時間から4時間後には効果がなくなるので、なかなか眠りにつくことができない入眠障害に最も効果を発揮してくれます。
しかし、夜中に何度も目が覚めてしまうような中途覚醒に対しては効果はあまり期待することはできません。

服用してから1時間以内に効果が現れ、眠気のピークが2時間後に訪れるものは短時間型の睡眠薬で、7時間から8時間で効果がなくなります。
超短時間は入眠障害に特に効果的でしたが、短時間型は入眠障害だけでなく中途覚醒に対しても効果を発揮してくれます。
ですが、超短時間型と同じように効果時間は短めになっているので、朝早くに目が覚めてから眠れなくなってしまう早朝覚醒の症状がある人にはあまり向いていません。

早朝覚醒に対して効果を発揮してくれるのは中時間型と長時間型です。
どちらも服用してから2時間以内に効果が現れますが、中時間型だと3時間後に、長時間型だと3時間半後に眠気のピークがやってきます。
薬が抜けるのは中時間型ですと5時間から6時間、長時間型だと9時間から10時間になります。