睡眠薬の使い方は? | 睡眠薬は正しく使えばつらく苦しい不眠症も治してくれる

睡眠薬の使い方は?

「睡眠薬の使い方は?」のフォトグラフです。

風邪薬や頭痛薬といった他の医薬品には服用するときに適したタイミングが存在していますよね。
同じように睡眠薬にも適した服用のタイミングが存在しており、睡眠薬の効果を正しく得ようと思うと正しく服用することが大切です。

睡眠薬は眠りを誘い、寝付きを良くしてくれる薬です。
そのため、基本的に就寝予定時刻の10分から30分前に水やぬるま湯などで服用するのが正しい使い方です。
催眠効果が現れるのが特に早いタイプの睡眠薬は、服用してからわずか1時間ほどで薬の血中濃度が最大になり、そこから効果がだんだん薄れていきます。
睡眠薬を服用してからも活動を続けるのは危険ですし、副作用にふらつきや脱力などもあるので、服用してからも動くことは怪我の原因にもなります。
なので、睡眠薬を服用したときはすぐに眠れるように布団やベッドに入るようにしましょう。
また、胃に食べ物が残っていると薬の吸収が悪くなり、十分な効果を発揮できない可能性もありますので、食後の服用は控えましょう。

これは睡眠薬だけでなく、他の薬でもいえることかもしれませんが、アルコールと併用すると催眠効果と副作用が強く出てしまう恐れがあります。
かといって睡眠の質が上がるわけではなく、質は下がってしまうだけなので、睡眠薬を服用している間の飲酒は控えるようにしましょう。